トップページ > ソリューション > メガソーラー発電設備 > 太陽光発電見える化システム

太陽光発電見える化システム

概要

太陽光発電見える化システムは、太陽光発電設備と施設監視システムを組み合わせたシステムで、電源設備の無い倉庫の防犯設備や、電源確保が難しい山間地や河川沿いなどの防災設備などの小規模設備を太陽光発電設備で蓄電した電力で稼働することができます。
また、電力会社からの電力と併用する場合などは、太陽光発電設備に余裕を持たせれば施設で消費する電力の余剰電力を電力会社へ売電することで電気料金の低減なども期待できます。
施設監視システムでは、施設の稼働状況に加えて太陽光発電設備の発電状況などもタブレットやスマートフォンで常時確認することが可能です。

ソーラー発電システム
太陽光発電状況監視画面例

特長

  • 施設監視システム(Web監視システム、データロガ装置)
    • タブレットやスマートフォンなどの携帯端末により、リモートでの監視が可能です。
    • 施設の稼働状況や警報などをパソコンや携帯電話などにメール送信し、事故を未然に防ぎます。
    • データロガー装置により、現在データと過去データのトレンドグラフ表示が可能となるためデータの推移などが把握できます。
    • ソーラーパネル毎に発電量を表示する事で、固体に何かしらの支障がある際の異常を察知でき、器具のメンテナンス性を高めます。

現在、当社倉庫で発電運転中です。(デモ画面準備中)

産電工業株式会社 〒981-3135 仙台市泉区八乙女中央一丁目6-7 TEL 022-371-1701 FAX 022-373-2417

Copyright© 2013 Sanden Kogyo Corporation