トップページ > 会社情報 > 会社沿革

会社沿革

沿革

 

産電工業株式会社は、1952年(昭和27年)に町の電気屋さんから始まり電気工事業を中心に配電盤製造並びに機械設備部門を設立し浄水場設備等のプラント施設の一連の電気計装・水処理機械設備のトータル施工業者としての地位を築きました。
その後、自動加圧給水装置や電子応用機器の開発に着手し、独自ブランド品の製造販売を行うかたわら、技術者の充実による大型工事の受注を始め、自社開発製品の拡販を進めています。
2007年(平成19年)に本社機能を青葉区から泉区に移転、事業所を統合し安定した企業経営を目指す一方、震災の対応や現在の要求である環境対策を見据えた企業経営と体制を整え社会貢献すべく活動しています。

年表

1952年宮城県仙台市二日町に電気工事店(産業電気工事株式会社)として起業
1960年産業電気工業株式会社として社名を改め、機械設備工事、配電盤製造をスタート
1965年事業所を仙台市泉区(現本社)に建設し事業の拡大を図る
1972年自動給水加圧装置の開発、生産販売開始
1974年電子応用機器部門を設立しコンピュータ関連機器の開発製造販売を開始
1978年青森営業所を開設
1979年産電工業株式会社に社名を変更、山形営業所を設立し業務拡大
1989年電気設備サービス部門を独立し、(株)テクニカルサービスを設立する
1993年資本金1億円とする
2007年本社を泉区に移転し事業の高効率化を図る
2011年東日本大震災被害施設の復旧工事に従事
2012年ソーラーパネル型街灯システムの実証実験で本社敷地に設置
環境マネジメント(ISO9001)、品質マネジメント(ISO14001)認証取得

産電工業株式会社 〒981-3135 仙台市泉区八乙女中央一丁目6-7 TEL 022-371-1701 FAX 022-373-2417

Copyright© 2013 Sanden Kogyo Corporation